So-net無料ブログ作成
"化学物質過敏症で無い"皆様へ ブログトップ

"化学物質過敏症で無い"皆様へ ["化学物質過敏症で無い"皆様へ]

今日は、"化学物質過敏症で無い"皆様へ向けて書いてみたいと思います。

私のつたないblogに訪れていただきましてありがとうございます。
何度か来てくださっている方がおられましたら、いつもありがとうございます。

まだまだ知識の浅い私から少しでも日常生活に取り入れていただけることが
ご紹介できたらいいなあと思います。

化学物質過敏症とはどんな病気か・・・
文字通り、化学物質に過敏に反応してしまう病気な訳ですが、
今"化学物質過敏症で無い"皆様も、将来"なる"可能性がある病気です。
(2009年10月1日、化学物質過敏症が病名として認められたそうですね、
知りませんでした。うれしいような・・・悲しいような・・・)

化学物質過敏症は、花粉症などど同じように、化学物質がその人にとって
許容量の限界に達した時、発症します。
(どんなアレルギーも同じ原理ですね)
許容量は、人によって違います。
生まれた時から許容量が少ない人もいるでしょうし、一生限界に達することなく
無事に過ごせる人もいます。
外から見て、この許容量が見えたらどんなにいいだろうと思いますが、
発症するまでわかりません。
発症してから気をつけたのでは、もう限界を超えていますので、
解毒する時間より、はるかに化学物質を摂取してしまうスピードの方が早いのです。

発症してしまうと、重症の場合、仕事に行けなくなります。
排気ガス、タバコ、洗濯物の臭い、香水、電車の臭い等、すべて化学物質が存在しますので
外に出られなくなります。

前にも少し触れましたが、化学物質解毒は、発汗と排泄しかありません。
発症して、重症の場合、発汗と排泄が活発にできるでしょうか。
元気に運動できる訳でもない、寝たきりに近い状態で、解毒を進められるはずがないのです。

"化学物質過敏症で無い"皆様は、かからないように今から注意できる訳です。

では、具体的に、日常生活でどんなことから気をつけていけばいいのか。

化学物質は①呼吸から摂取 ②食べ物から摂取 ③皮膚から摂取、があります。
①呼吸から摂取するのを減らすには、CS-5のマスクをするのがお勧めですが、
 発症していないのに、そこまでするのはちょっと・・・ですよね。
 では、皆様がよく行かれるであろう場所を例に挙げて、空気のお話をします。

 私が、マスクをしていてもキツイなあ、、、と思う場所は、、、
 ・靴屋、鞄(革)屋 → 接着剤の臭い
 ・本屋 → 印刷インクは化学物質です
 ・ホームセンター、薬局 → 洗剤、芳香剤等の臭い
 ・映画館(新築は最悪です、建物も然りですが、座席シートが強烈です。
       半年以上経過した映画館をお勧めします)
 ・その他、新築の建物には、半年以上入らないようにします。
  ショッピングセンターや飲食店等、オープン早々でないか調べます。
 ・タバコは4000種以上の化学物質が含まれていますので、
  受動喫煙とならないよう気をつけてください。

もっとあると思いますが、なんとなく、イメージできるでしょうか。
上記のような場所に長く居て、なんとなく気分が悪くなったなあ・・・と思って
外へ出たくなる方、予備軍かもしれないので気をつけてください。

ちなみに、私は5年前の名古屋万博へ意気揚々と行った帰り、
全身の皮膚がただれていました・・・
新築の建物に、真新しい道路(出来立てホヤホヤコンクリート)、撃沈でした。
皆様もご注意ください・・・


②食べ物から摂取
 食べ物から摂取してしまうのは、添加物です。
 野菜や小麦粉(外国産)のように、食材に直接農薬がかかっているものと
 調理の段階で、腐らないように、味付けの一環に、添加する場合とあります。

 野菜の場合は、減農薬・無農薬を選ぶようにし、調理して売られているものは
 保存料が入っている為、極力食べないようにします。
 容器の裏に貼ってあるシールを見て、読んでわからないものは添加物と思ってください。
 食材が書いてあるだけなら、明瞭のはずです。

 何の食材を買う場合も、原料・成分表示を必ず見て選ぶようにしていくと、
 おのずと化学物質の添加されていないものを購入するようになると思います。

 インスタント食品は、添加物の宝庫ですので、注意してください。
 (↑ひと昔前よりは、随分と安全になりましたので、良いことですが。)

 ハム・ベーコン・ソーセージは、肉量を増やす為に薬品で膨張させていますので、
 極力食べない方がいいです。
 
 ラーメン屋さんも、添加物を多く使っていると思います。
 もちろん、無添加でこだわっているところもあると思いますが。
 私の経験では、食べて痒くなるラーメン屋さんの方が多いです。 


③皮膚から摂取
 私にとっては、これが一番の打撃になるかもしれません。
 皮膚に化学物質が付着すると、すぐから吸収されていきます。
 
 皮膚から摂取してしまう化学物質の例は、
 シャンプー・リンス・ボディソープ・整髪料・洗濯洗剤・その他洗剤、等
 市販に売られているもので、化学物質が入っていないものはないです。
 ないと言って大丈夫な気がします。
 最近は、市販の無添加と謳われているものを買って試すということをしていませんので、
 無添加も進化しているかもしれませんが、最近私が使用した無添加と謳われている
 保湿剤(クリーム)でも発疹が出ましたので、疑わしいと思っています。
 (本当に無添加で、私が植物アレルギーなのかもしれませんが[あせあせ(飛び散る汗)]

 とにかく、見つけるのは至難の業だとは思います。
 
 それでは、どんな石鹸・洗剤を買ったらいいのでしょうか・・・
 成分を書き出すのは容易ではないですね・・・どうしよう・・・

 合成界面活性剤が一番きつい訳なのですが、
 その表示もいろいろあって、ひとつ統一ではないんですよね。

 合成界面活性剤は、何からできているかというと、硫酸化合物です。
 硫酸といえば、理科の実験などで言葉が出てきたことがあるかと思いますが、
 皮膚にかかったら皮膚を溶かしてしまいます。
 そんな物質が、汚れを洗い落とす成分として使われているのです。
 恐ろしいと思いませんか。
 皮膚が溶けるのを紛らせる為に、必ず保湿剤・消炎剤となる成分が入っています。
 "化学物質過敏症で無い"皆様は、硫酸化合物でやけどした皮膚に消炎剤が作用して
 結果、無事、ということになります。
 実際は、皮膚から化学物質が吸収され、体内に蓄積されていきます。
 呼吸と皮膚から吸収された化学物質は、発汗によってしか排出されません。
 これだけの化学物質と共に生活していたら、発汗なんて追いつきません。
 やがては化学物質の許容量を超えてしまいます・・・

 表示を見るポイントは、硫酸の「硫」の文字が入っている物質が、
 その製品の合成界面活性剤だと思ってください。
 でも、どれを見ても入っているんですよね。
 これが入っていません、とお伝えできないのが、切ないですが。
 石鹸(固形)だったら、無添加に近いものがあります。
 ただ、私は、どれを使ってもダメなので、使ってから勧めるということができません・・・

 スーパーや薬局やホームセンターで並んでいるものは、全て合成界面活性剤が
 入っていますので、ましなものを購入しようと思ったら、東急ハンズやLOFTへ行くと
 ましなものが置いてあります。
 
 クルック http://shop.kurkku.jp/shop/category/category.aspx
 マークス&ウェブ http://www.marksandweb.com/
 ここは、比較的良いものを扱ってる印象がありますが、これも使ってはないので
 なんとも・・・成分を見る限り、比較的良いです。
 スーパー等で購入するよりは断然です。
 
 また良さそうなものが目についたらお知らせしたいと思います。 
 
 今日はここまでにします。
 中途半端ですみません。 
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
"化学物質過敏症で無い"皆様へ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。